斎藤隆さん応援日記もしくは普通の日記。


by tane-sawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:劇チョコ( 8 )

悔しいけど仕方がない。

今日から劇団チョコレートケーキの公演が始まります。
今回は観に行けないのですが、DMは来てました。
でもさ、今回の演目はか~な~り~観たいのですよ。

なぜなら、私が大学の時に一度見たことのあるものだから。
まぁ、8年も前の話なので話の筋はうろ覚えなんですけどね。
それと脚本は作り直しているみたいなんですけど。

あぁ、この公演そのうちDVDにしてくれないかしら。
[PR]
by tane-sawa | 2008-02-08 17:43 | 劇チョコ
というわけで、本日は劇団チョコレートケーキ第13回公演
『ヒーロー』を観に、池袋へ行ってきました。

今回の演目は再演だったのです。
実は私が初めて観た公演が『ヒーロー』だったのです。

内容は、なんだか冴えないヒーローショーを試行錯誤しながら
良くしていこうとするというもの。
(相変わらず説明が簡単でスミマセン)

この演目は、出演者が多いのですよ。
総勢13人だったかな、確か。
今回はセットも凝ったものになってました。

聞くところによると、今公演はDVDで発売されるらしいですよ。
台本とか今回の公演にちなんだグッズの物販も始まってましたし、
いろいろチャレンジしてますよ。

なんか、劇の内容に関して全く書かれていませんが、
今回はここまでってことで。

いや、詳しく追記するかと言われたらそれはお約束できませんが。

ちなみに、次回公演は10月で、チョコ初の長編ラブコメだそうです。
期待大ですよ~。
[PR]
by tane-sawa | 2007-03-24 23:59 | 劇チョコ
公演の楽日が今日だからもう書いてもいいでしょう。
といっても、まともなこと書けなさそうですが。
(前回公演の感想書き終わってないとか突っ込まないように。)


今回の公演は4年前初演したお話でした。
初演も見に行ってますから、2度目の観劇でした。

今回もいたるところに小ネタがあったりしたのですが、
(児玉清(むしろ博多花丸?)のマネとか)

結構話の筋って覚えてるものなんですね。
私の記憶によると、前回公演と同じ役やってた人が2人。
(HP確認したらやっぱりそうでした)
どっちもパワーアップしてましたけど。

お話はシリアスものなのですよ。チョコにしてはめずらしく。

・・・・・・
・・・・・・・・・
すいません、今回もまたこんなところで。
余力があればちゃんと感想書きます。前回公演の分も。
[PR]
by tane-sawa | 2006-09-05 23:31 | 劇チョコ
ものすごく今更ながら感想(?)の続きを書いてみようかと。
というか、劇団チョコレートケーキを検索してやってくる人が
いるようなので、中途半端だとあまりにも悪いような気がしてるのですよ。

・・・・・・そうは言っても、すでに公演から2ヶ月ほど経過しているのですが。
つまり何が言いたいかというと、まともな感想は期待しないように、
ということなのです。
というわけで、続きです。

<孤独部の活動内容2>(詳しいこと思い出せないので、羅列で勘弁。)
・モノマネ・歌を歌う・ままごと(海組のみ)・前衛的な動き(一番謎でした)・絵画鑑賞
・演劇鑑賞 ― 海組公演で、神酒井が「楽日だからって自由にやりすぎじゃね?」
         と言っていましたが、本当にそのとおりだと思いました。
         そこがチョコらしいから私は好きなのですよ。
・人力飛行機を作る ― 鳥人間コンテストのような人力飛行機を作ろうと言う話に。
              が、なにせ孤独(というか、自分勝手?)な奴らが集まってますので
              仲間割れを起こしてしまうのです。





あの、もう2ヶ月前の話だからホント記憶が曖昧なんですけど・・・・・・。
でもまだ続けるらしい。
っていうか、がんばって書きますよ。今回はここまでですが。
[PR]
by tane-sawa | 2006-06-13 23:44 | 劇チョコ
もう公演終了から2週間経っていますが。
今更とか言わないでお付き合いください。
またもや長いです。

<部員勧誘の時>
はじめは八坂の1人語りから始まるのですが、
八坂が小二の時に担任の口調を金八さん風にやってました。(海組)
それと、「孤独な人間よ、集まるがいい(来るがいい?)」(台詞うろ覚え)
は風雲たけし城が元ネタかと思うのですが、自信が全くありません。(これも海組)

<孤独部の活動内容>
・ランニング(と言う名のハーフマラソン) ― なんだかんだで20km走ることに。
 伏見だけが更に走ることになり(理由は忘れた)両足のアキレス腱をおかしくする。
 他の方々はちゃんとストレッチをしたおかげで筋肉痛もなかったようです。

・キックベース ― 審判に触れると退場というのは、元日ハム監督の近藤さんが
           元ネタじゃないのかということを彼氏さんが言ってました。
           「そういえば、森脇(健児)って今どうしてるんでしょう」
           の一言でぶち壊しになる。夢がMORIMORIが元ネタと思われ。
           ちなみに、森脇さんはオールスター感謝祭(TBS)に
           ほぼ毎回出演してますよね。ついでにちょっと調べたら、
           ラジオ関西でメインパーソナリティやってることが判明。

・占い ― 各自、オリジナルの占いを考えて発表すると言うかなり無謀な挑戦。
      ここでも伏見は醍醐にいじられる。ちなみに、田浦の占いは
      占いではなく体力測定でした。

・小説を書く ― 伏見、「スゴイ」を連発。「うるさい」と醍醐に一喝される。
          田浦の小説は、いろいろと誤解を招く文章であったため、
          その他の皆様を変な気分にさせる。(内容は各自ご想像ください)
          他の方々の小説はこれと言って面白いものがなかったようなので
          劇中ではカットされてました。

ここまで書いて、あまりにも長くなったので続きはまた今度。
[PR]
by tane-sawa | 2006-04-30 00:22 | 劇チョコ
『何か、空海?』の登場人物紹介です。
長いです。

<登場人物>
・八坂 ― 孤独部創設者。小二の時の「親友について作文を書く」と言う宿題を
      やらなかったが為に、担任から「あなたは孤独な人生を歩むことでしょう」
      と言われた人。実際、当たり障りのない人付き合いしかしていないらしい。
      「孤独な奴らが集まったらどうなるのか」という実験的な意味で
      孤独部を創設する。一応部長。

・神酒井 ― 小さい頃から引越しが多く、どこに行ってもお客様扱いされている。
       実家は酒屋。上のような状況を忘れるために、小さい頃から酒を飲む。
       っていうか、未成年の飲酒はいけませんって。
       八坂と同じクラス。ツッコミ属性。

・田浦 ― 筋トレバカ。とにかく、体を動かすことが好き。というか、筋トレが好き。
      陸上とかそういうスポーツをやっているわけではないらしい。

・伏見 ― 一人っ子。兄弟がいないのがイヤらしい。
      何かと発言が他人とかぶる。いじめられキャラ。

・醍醐 ― プロボウラーが夢だった。が、人偏に夢と書いて儚い=夢を見るのは
      儚いという結論に達し、周りにそれを忠告(?)したが為に、友人が
      離れていった。本人は、もちろんそれ以降(将来の)夢を見ることはなくなった。

・加茂 ― ネギを買いに行ったところ、帰ってから腕を見てみると98円の値札が
      貼ってあったという。自分の価値は98円なのかと落胆する。
      そう思い込めるのがある意味すごいと思う。(神酒井にもツッコまれていた。)
      孤独部顧問。担当教科は国語。(現国だったか古文だったかは忘れた)

この5人が繰り広げる活動とは?
ってことで、内容はまた別の機会に。
[PR]
by tane-sawa | 2006-04-23 21:39 | 劇チョコ
劇団チョコレートケーキについては右のリンクを参照してください。
今回はチョコ初のダブルキャスト公演でした。
もちろん両方(海組と空組)とも見てきました。

まずは簡単なあらすじを・・・・・・。

主人公の八坂(高校2年)は、「孤独な奴らが集まったらどんな集団になるのだろう」
という興味から「孤独部」を設立する。

集まってきたのは理由は違えど孤独(自称)な人たち4人+顧問の先生。

そんな孤独人たちが繰り広げる部としての活動とは?!

・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・そんな感じだと思いますが。詳しくは劇団のHP参照で。
(まだ今回公演の写真とかUPしてないけど)

なんだかとても長くなりそう(まとめるのが下手なので)なので、
とりあえず今日はここまで。あとで書き足しますよ。(たぶん)
[PR]
by tane-sawa | 2006-04-18 23:43 | 劇チョコ
リンクにもあります劇団チョコレートケーキさんの公演を観に行きました。
この劇団、大学演劇部のOBさんがやっています。
どんな人たちがやっているのかはHPを見てください。
今回公演の写真もアップされてます。(手抜きとか言うな!)

今回の舞台はアパート、登場人物はそこの個性豊かな住人たち(+老刑事)でした。
大学生(新入生たちと6年目)、留学生、熱狂的巨人ファン、エロじいさん、
バカップル(褒め言葉)、ホモ疑惑のあるお兄さん、ちょっとこわめの大家さん、
アパートの掃除をしに来るお姉さん、女ねずみ小僧(自称)、とまあこんなかんじで。
この人たちが繰り広げるほんわかコメディー(なのか?)でした。

ただ笑わせるだけでなく、ちょっと胸にジーンと来るようなお話なのですが、
どう説明すれば上手く伝わるのかボキャブラリーに乏しい私にはわからないので
とにかくHP見てみてください。(投げやりとか言うな!)
[PR]
by tane-sawa | 2005-11-28 21:28 | 劇チョコ